マグデブルグ

マグデブルグ

マグデブルクの慈悲深い王妃

マグデブルク大聖堂に眠る王妃エドギダ。初代神聖ローマ皇帝オットー1世の最初の妻であったエドギダは、哀れみの心に溢れ、慈善活動を好んで行い、教会、修道院なども数多く建設した。オットー大帝からも心から愛された王妃エドギダの人柄をエピソードとともに紹介。
マグデブルグ

マグデブルクの結婚式

1631年5月20日にマクデブルクで起こったことは、三十年戦争と人類の歴史の中で最も暗い章の1つであると言われている。《マクデブルクの結婚式》として歴史に残るこの事件は、25,000人以上の命を奪ったと言われる。日本語では《マグデブルグの...
タイトルとURLをコピーしました