デュッセルドルフ

デュッセルドルフ

引き裂かれた公国

ユーリッヒ=クレーフェ公ヨハン・ヴィルヘルムは病床にあった。公は精神を病んでいた。彼は幻覚を見ては城に火をかけると言いながらデュッセルドル城を走り回った。彼の最初の妻、ヤコベ・フォン・バーデンは夫にはとっくに政治能力はないと見て自身で政治...
デュッセルドルフ

ウォリンゲンの戦い | デュッセルドルフの誕生

【ドイツの歴史】ケルン大司教の敗北とデュッセルドルフの台頭 1288年6月5日、ヴォルリンゲンの南にあるフューリンガーハイデの朝に始まる。これは、ラインの左岸にあるケルンと右岸にあるデュッセルドルフの間の最も重要な場所であった。 ...
デュッセルドルフ

デュッセルドルフ市立博物館

デュッセルドルフ市立博物館は、ライン川の近くに位置する。それほど大きくない博物館だが、デュッセルドルフの歴史がよくわかるように展示内容が考えられている。
デュッセルドルフ

焼け落ちたデュッセルドルフ城

ライン川沿いに広がるデュッセルドルフ旧市街。ライン川沿いには多数のレストランが立ち並び、天気のいい日にはプロミナードで多くの人が散歩を楽しんでいる。この辺りにかつてはデュッセルドルフにも城が聳えていた。城はベルク伯爵の平城として1260年...
デュッセルドルフ

ネアンデルタール人はどこから来たのか? | ネアンデールタール博物館

デュッセルドルフのメットマン地区にあるネアンデルタール博物館。150年前、この町の近郊にあるフェルトホッファー洞窟で、ネアンデルタール人の骨が発見された。近年の研究では、現代人の遺伝子の4%程の遺伝子がネアンデルタール人に由来するという。現生人類とネアンデルタール人の関係とは?
デュッセルドルフ

デュッセルドルフの舞踏会 | シェルム・フォン・ベルゲン

デュッセルドルフで貴族だけを招いて開かれた公爵主催の仮面舞踏会。豪華な衣装に身を包んだ貴族たちの中でもひと際注目を集めるひとりの男。公爵夫人はこの優雅な黒づくめの男とダンスを楽しむが・・・謎に満ちたこの男の正体とは?ベルゲンのシェルメン家創設にまつわる伝説。
デュッセルドルフ

彫刻家がハンマーで砕いたもの | ガブリエル・デ・グルッペロ

デュッセルドルフの中心地に建てられた選帝侯ヨハン・ヴィルヘルムの像。この像はグルッペロの傑作とされたが、選帝侯から寵愛された天才芸術家は同業者からの嫉妬に晒されることとなる。彼らの批評に対するグルッペロの機転に満ちた対応とは?
デュッセルドルフ

デュッセルドルフの吸血鬼、ペーター・キュルテン

19世紀、デュッセルドルフ市民を恐怖のどん底に陥れた連続殺人事件が発生した。男はデュッセルドルフ中央駅を中心に次の犠牲者を探していた。被害者の血を飲んだという噂から、《デュッセルドルフの吸血鬼》と呼ばれたペーター・キュルンテン。この男を犯行に向かわせたものは一体何だったのか?
デュッセルドルフ

インマーマン通りの名前の由来 | カール・インマーマン

日本人街が広がるデュッセルドルフのメインストリート、インマーマン通りの名前の由来とは? デュッセルドルフの目抜き通り、インマーマン通り(Immermannstraße)。約600もの日系企業が多数活動するデュッセルドルフには、駐在員...
デュッセルドルフ

ハイネが生まれた町

クリスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine)は、1797年、デュッセルドルフに生まれている。ハイネの家は、ボルカー通り(Bolker strasse)53番にある。生家が今で...
デュッセルドルフ

シューマンとクララの恋の行方は?

シューマンは、1810年、5人兄弟の末子っとしてツヴィッカウ(Zwickau)で生まれている。シューマンは幼いころからハイネの詩に触れ、シューマンが17歳の時に一度だけミュンヘンでハイネと出会っている。 シューマンの歌曲の多くは18...
デュッセルドルフ

ベンラート城 | デュッセルドルフのロココ宮殿

【ドイツ観光】カール・テオドールが建設した夏の離宮 デュッセルドルフ中央駅から南に10キロほど下ったところに、ベンラートという地区がある。ヨハン・ヴィルヘルム亡きあと、選帝侯位を継いだカール・テオドールは、文化や学芸の振興に熱心であ...
デュッセルドルフ

メディチ家の花嫁|フィレンツェとデュッセルドルフの関係

【ドイツの歴史】ヨハン・ヴィルヘルムとアンナ・マリーア・ルイーザ イタリアはフィレンツェのアルノ川沿いにウフィツィ美術館が建っている。いつも大勢の訪問者が行列をなしているが、入館の番が回ってきて、館内に一歩踏み入れると、頭上に一人の...
デュッセルドルフ

〈側転する子供〉が町のシンボルになったわけ | ラートシュレ―ガ―

【ドイツの歴史】1288年、デュッセルドルフの都市権獲得 デュッセルドルフのシンボル《ラートシュレーガー》(側転小僧) デュッセルドルフの町を歩くと、いたるところで側転する子供の像を目にする。これは、ドイツ語でラートシュレーガ...
タイトルとURLをコピーしました