ニュルンベルク

ニュルンベルク

ドイツを走った最初の鉄道

1830年にイギリスのリバプールとマンチェスター間に最初の鉄道が走ってから遅れること5年、1835年にドイツ語で鷲を意味する《Adler》と名付けられたドイツで最初の鉄道がニュルンベルクとフュルト間に開通した。そんなこともあって、1899...
ニュルンベルク

中世から続くクリスマスのお菓子

ドイツでクリスマスシーズンに好んで食べられるレープクーヘン。12世紀にはじまるこのお菓子の起源と、日本でも人気のシュトーレンやバウムクーヘン、そしてハンガリーが起源のキュルテシュコラーチュなども紹介。
ニュルンベルク

皇帝も認めた天才画家

【アルブレヒト・デューラー】 ニュルンベルクを語るうえで欠かすことのできない人物が、アルブレヒト・デューラーだ。デューラーはニュルンベルク出身の画家・版画家で、北方ルネッサンスの巨匠と呼ばれる人物だ。イタリアルネッサンスの影響を多分...
ニュルンベルク

ニュルンベルク最古の教会

このロマネスク様式とゴシック様式が混在するゼバルドゥス教会は、ニュルンベルクの最古の教会と言われるプロテスタントの教会だ。この教会は名前のとおり、《聖ゼバルドゥス》というカトリックの聖人に捧げられている。 聖ゼバルドゥス教会   ...
ニュルンベルク

仕掛け時計が示す金印勅書

フラウエン教会ハウプトマルクト(中央広場)の東側に建つゴシック建築。写真:Wikipedia フラウエン教会とは、ドイツ語で《聖母教会》という意味でドイツ各地に同名の教会が建てられてる。特にミュンヘンやドレスデン、ベルリンのフラウエ...
ニュルンベルク

大地のリンゴ ー世界最初の地球儀ー

【ゲルマン国立博物館】ニュルンベルクにあるゲルマン国立博物館は、ドイツ最大の文化史博物館であり、ニュルンベルク生まれの巨匠、アルブレヒト・デューラーの作品も多数展示されている。また、若き日のデューラーが師と仰いぎ、自身のロールモデルとした...
ニュルンベルク

網で焼かれた聖人

【聖ロレンツ教会】《ハンドヴェルカー・ホーフ》を抜けて旧市街に入り、一番最初に目にする教会が聖ロレンツ教会だ。この教会は13世紀から15世紀にかけて建築されたゴシック様式の教会で、正面の美しいバラ窓でも知られるニュルンベルク最大のプロテス...
ニュルンベルク

願いが叶う〈黄金の輪〉

フラウエン教会前にある広場でその存在感を示しているのが、美しの泉と呼ばれる《シェーナー・ブルンネン》(Schöner Brunnen)だ。この4段構造の噴水は高さが19メートルあり、40体もの彫像が噴水の周りを飾っている。 美しの泉...
タイトルとURLをコピーしました