☆その他

ドイツのロココ建築

【ドイツの建築】溢れんばかりの装飾でバロックに続く建築様式 多くの壮大なバロック様式の建物がドイツに建てられたのは、イタリアやフランスから遅れること約 1 世紀後のことだった。これは、ドイツ、つまり神聖ローマ帝国で発生した戦争の影響...
☆その他

ドイツのバロック建築

【ドイツの建築】ベルサイユ宮殿を手本とする壮麗な建築様式 光沢のある艶やかな大理石と贅沢な金を多用し、印象的な色使いと遊び心のある光の効果を有効的に使ったバロック時代、壮麗な宮殿や城、そして貴族の邸宅は、様々な形を組み合わせた豪華な...
☆その他

ドイツのルネサンス建築

【ドイツの建築】イタリアから南ドイツへと広がった建築様式 ルネッサンス、活版印刷の発明、アメリカ大陸の発見、宗教改革によって世界は変わり始めた。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ウィリアム・シェイクスピア、アルブレヒト・デュ...
☆その他

ドイツのゴシック建築

【ドイツの建築】天を目指す高い塔とステンドグラス ヨーロッパにおける政治的および経済的な覚醒が始まった12世紀から13世紀が、ゴシック時代の始まりといえる。 この時代、数多くの町が建設され、農村人口が町に集まり、交易が盛んになり、貴...
☆その他

ドイツのロマネスク建築

【ドイツの建築】ドイツで発展し、広がった建築様式 ローマ帝国の崩壊以来、ロマネスクは典型的な特徴を持つ最初のヨーロッパの芸術時代となった。 ロマネスク様式の建物は、アーチ、アーチ型の窓、ブロック状の柱頭 (柱の端)、分厚い壁などがそ...
ヴィッテンベルク

ルターハウス – ヴィッテンベルク

ルター ハウスは 1504 年にアウグスチノ修道院として建てられた。当時は、アウグスチノ修道士のローブの色から「黒い修道院」という名前で知られていた。マルティン ルターも 1508 年から修道士としてここで暮らしていたが、宗教改革の過程で...
ブレーメン

ブレーメン大聖堂博物館

ブレーメンの聖ピエトリ大聖堂にある大聖堂博物館は、1987年、中世の司教の墓から出土したものを収蔵するために設立された。1973 年から 1976 年にかけて大聖堂が修復されていた時に、発掘調査が同時に行われた。 3 年間にわたる発掘調査...
シュパイヤー

プァルツ歴史博物館

シュパイヤーにあるプァルツ歴史博物館は、大聖堂からわずか200mの距離にある。ミュンヘンのバイエルン国立博物館も建設した建築家ガブリエル・フォン・ザイドル (Gabriel von Seidl)が建設を行い、建物は 1910 年に完成して...
ケルン

ケルン大司教列伝 ②

アンノ大司教(Anno) アンノはシュヴァーベン出身の取るに足らない貴族の出であった。アンノはバンベルク大聖堂学校から宮廷へ、ゴスラーのプロボストからケルン大司教へという経歴を経ている。当時、ケルンの人々は、皇帝ハインリッヒ3世が、...
ケルン

ケルン大司教列伝 ①

ケルン大司教はドイツと神聖ローマ帝国のなかで重要な役割を担ってきた。中世以来、ケルン大司教は、《選帝侯》という神聖ローマ皇帝を選ぶ特権をもつ諸侯のひとりであった。カール4世が定めた金印勅書以来、この選帝侯は帝国内にわずか7名しか存在せず、...
ハーメルン

ゼデミュンデの戦い

13世紀、ハーメルン地方で守護職を務めていたのは、ハーフェルシュタインという伯爵家であった。この時代、ドイツではシュタウフェン家の神聖ローマ皇帝バルバロッサと、ヴェルフェン家の有力諸侯ハインリッヒ獅子公が、皇帝のイタリア政策を巡り対立して...
ヴェッツラー

偽皇帝現る | ティレ・クロップ

【ドイツの歴史】皇帝フリードリッヒ2世を名乗る男が突如ケルンに現れる 1285年夏:ヴェッツラーに混乱が走った。皇帝ルドルフ・フォン・ハプスブルクは、帝国都市の門前に野営を設置していた。ルドルフは怒りのまなざしで町を見つめ、このまま...
ケルン

1074年の蜂起 | ケルン大司教アンノ

【ドイツの歴史】ケルン大司教に対する市民の蜂起 ケルンは古くからカトリック教会の力が強いところであった。この時代のケルンを治めていたのは、アンノという司教であった。アンノ大司教はこの時代のほとんどの司教や大司教がそうであったように、...
ケルン

カール大帝と無欲な司教 | 初代ケルン大司教ヒルデボルト

ケルンは大聖堂だけが見どころだと思っている人が多いが、大聖堂以外にもケルンには教会が多い。とりわけ規模の大きなロマネスク様式の教会が12ケ所もある。聖ジェレオン教会はそのうちのひとつだ。ケルン大聖堂から西に向かって徒歩15分の距離にある。...
ミュンヘン

ミュールドルフの戦い |ヴィッテルスバッハ家 vs.ハプスブルク家

【ドイツの歴史】ルートヴィッヒ4世とフリードリッヒ3世の戦い 13世紀から14世紀にかけて、神聖ローマ帝国の皇帝位を巡って、ハプスブルク家、ルクセンブルク家、ヴィッテルスバッハ家の3家が激しく争っていた。1291年、ハプスブルク家の...
☆その他

ドイツで最も美しい城10選

【ドイツ観光】ドイツの旅行雑誌が選ぶ名城10選 ドイツの旅行雑誌GEOは、ドイツの名城10選を発表している。有名なものから、日本人にとってはまだなじみの薄い城まで興味深いラインアップなので、以下に紹介してみたい。 リヒ...
ノイス

ノイス包囲戦 | ブルゴーニュ公シャルルによる包囲

デュッセルドルフ近郊の小さな町ノイスを舞台とした包囲戦 現在はデュッセルドルフの一地区となっているノイスだが、15世紀にはブルゴーニュ公シャルルによって町が包囲される事態を経験している。《ノイス包囲戦》として知られるこの戦いは、小さ...
ナウムブルク

ザクセン兄弟戦争 | 《ナウムブルクの和約》

15世紀、ヴィルヘルム3世勇敢公と選帝侯フリードリヒ2世寛大公はヴェッティン家の支配をめぐる軍事紛争を始めた。《アルテンブルク領の分割》や《ナウムブルクの和平》を経て、《アルテンブルク王子誘拐事件》へと続くヴェッティン家の激動の歴史。
ケルン

ヘルマン・グリンと空腹のライオン

ケルン大司教エンゲルベルト2世は、ケルン市長であるヘルマン・グリンと対立していた。ある日、大司教の息のかかった律宗司祭は市長を祝宴に招待し、ヘルマンを亡き者にしようとするのだが・・・
シュヴェーリン

バルドウィックの奇妙な挨拶 | シュヴェーリンとハインリッヒ獅子王

【ドイツの伝説】ハインリッヒ獅子王がシュヴェーリンで受けた仕打ち シュヴェリーンのマルクト広場には奇妙なモニュメントが建てられている。ひし形をした柱の上部には、うっすらにやけたような顔のライオンが左足を揚げ、今にも前に歩き出しそうな...
タイトルとURLをコピーしました