ヴォルムス

ヴォルムス

宗教改革者たちの記念碑

ヴォルムス中央駅を出て、ヴィルヘルム・ロイシュナー通り(Wilhelm-Leuschner Str.)をまっすぐに歩くと、まず最初に見えてくるのが、ルターの記念碑だ。ルターだけでなく、ヨーロッパの宗教改革に影響を与えた錚々たるメンバーの銅...
ヴォルムス

ヴォルムス帝国議会

ヴォルムス帝国議会(Reichstag zu Worms)は、実は数回開催されている。一番有名なものは、ルターが喚問された1521年のものだが、それに先立つ1495年には、神聖ローマ皇帝マキシミリアン1世が開催したヴォルムス国会というのが...
ヴォルムス

運命の車輪

ルターの記念碑を離れて、オーバーマルクトという広場に出ると、噴水が見える。中央には円形の記念碑が聳えている。これは《運命の車輪》(Schicksal Rad)と呼ばれていて、ヴォルムス市で起こった様々な出来事や市にゆかりの深い人物が描か...
ヴォルムス

《叙任権闘争》の妥協点

世界史の教科書で最初にヴォルムスの名前が出てくるのは、《ヴォルムス協約》( Wormser Konkordat)ではないだろうか。12世紀にローマ教皇と神聖ローマ皇帝の間で結ばれた協約のことだが、ことの発端は10世紀に遡る。 962...
ヴォルムス

ルター破門の場所

マルクト広場を出て、ノイマルクト通りを行くと、町の一番のアトラクションであるヴォルムス大聖堂が見えてくる。4つの円柱塔と2つの大きなドームをもつロマネスク様式の大聖堂である。 ヴォルムス大聖堂は、その入場の順番を巡ってジーク...
ヴォルムス

ニーベルンゲンの町

ヴォルムス市の公式ホームページには、『ニーベルンゲンの町、ヴォルムス』とあるとおり、ヴォルムスはニーベルンゲンの歌とつながりが深い町だ。ヴォルムスは紀元前のケルト時代にはすでに集落が形成されていて、ドイツで最も古い歴史を誇る町の一つである...
ヴォルムス

聖マルティン伝説

【聖マルティン教会】 オーバーマルクトまで戻り、マルティンス・ガッセ(Martins Gasse)を進むと、聖マルティン教会(St. Martin)に出る。この教会のマルティンは、マルティン・ルターのマルティンではなく、キリスト教の...
ヴォルムス

ブドウ畑に隠された金貨

リープフラウエン教会 町の中心地からは少し離れたライン河畔にこの教会はある。《リープフラウエン》とは《聖母》という意味で、聖母マリアに捧げられた教会だ。教皇ピウス2世の命で教会の建設が始まり、1465年にゴシック様式の教会が...
タイトルとURLをコピーしました