リューネブルク

リューネブルク

聖ミヒャエリス教会の幽霊

リューネブルクにあるレンガ造りのゴシック様式の教会、聖ミヒャエリス教会。神聖ローマ皇帝オットー1世の側近ヒルマン・ビルングが建設した教会である。この教会には僧侶の霊がたびたび現れるという話が残る。塩の販売で大都市にのしあがったハンザ都市リューネブルク。その歴史の目撃者であるミヒャエリス教会に伝わる伝説を紹介。
タイトルとURLをコピーしました