クヴェトリンブルク

クヴェトリンブルク

帝国を動かした修道女

神聖ローマ皇帝オットー1世を父とし、ブルグントのアデルハイドを母として生まれたマチルデは、クヴェトリンブルク女子修道院の院長となり、帝国の支配を手伝いほどの人物だった。その一生のほとんどをクヴェトリンブルクで過ごした女性の物語。
クヴェトリンブルク

消えた黄金の福音書

クヴェトリンブルクは、ザクセンアンハルト州のハルツ地域にあるボード河畔の町だ。 文献では922年に初めて言及され、994年に町の勅許が与えられた。クヴェトリンブルクの建築遺産は、1994年以来、ユネスコの世界文化遺産に登録されており、毎年...
クヴェトリンブルク

クヴェトリンブルクの鳥好きの国王

クヴェトリンブルクを流れるボーデ川。その川のほとり、トゥルン通り(Turnstraße)とアデルハイド通り (Adelheidstraße)が交差する広場に、面白い噴水がある。これは、「ザクセン公ハインリッヒの噴水」と呼ばれる噴水で、ハイ...
タイトルとURLをコピーしました