フランクフルト

フランクフルト

フランクフルトの頭蓋骨

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは自伝「詩と真実」の中で、故郷のフランクフルト・アム・マインで、子供の頃の恐ろしい展示について報告している。それは橋の塔に突き刺さった先端に寄りかかった。 「国家犯罪者の頭蓋骨」は、橋塔の尖塔に突き刺...
タイトルとURLをコピーしました