フランクフルトの頭蓋骨

フランクフルト

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは自伝「詩と真実」の中で、故郷のフランクフルト・アム・マインで、子供の頃の恐ろしい展示について報告している。それは橋の塔に突き刺さった先端に寄りかかった。 「国家犯罪者の頭蓋骨」は、橋塔の尖塔に突き刺さっていた。 「ザクセンハウゼン(Sachsenhausen )からフランクフルトに戻るときはいつでも、目の前に塔があり、頭蓋骨が目に留まった。」

この頭蓋骨は、レープクーヘン屋であるヴィンツェンツ・フェットミルヒ(Vinzenz Fettmilch)または彼の信奉者のものであり、ユダヤ人憎悪の新たな発生について市民に警告を促す目的で掲げられたものだった。 1614年、フェットミルヒは帝国自由都市の評議会に対して反乱を起こした。そのため、ユダヤ人コミュニティは追放されることとなった。しかし、中世とは異なり、この事件では首謀者が罪を問われることとなり、1616年2月28日、首謀者の絞首刑で終わりを迎えたのだった。

フェットミルヒは1590年以降フランクフルトにやって来た。聖霊病院での働き口を得ることに失敗した後、彼はレープクーヘンを焼く仕事を試し、最終的にバター、オイル、ベーコンを扱うギルドに受け入れられた。

大きな貿易都市では、16世紀の急速な経済発展は社会的混乱を引き起こした。フランダースとワロンから新たに町にやって来た人々はブームの恩恵を受けたが、職人、小さな商店、食料雑貨店はますます取り残されていくのだった。

これは、市の政治的リーダーシップにも反映されていた。評議会は商人によって支配されていた。商人も2つの陣営に分かれていた。一方では、土地に投資し、貴族の生活をモデルにした生活を送っていたグループがいた。少数派は、成長する長距離貿易に投資した商人であった。こういったメンバーから経済的存在をますます恐れている組合は、わずかな発言権しか認められなかった。

1612年6月にフランクフルトで新しい皇帝が選出される予定であったが、状況は悪化していた。候補者はハプスブルク家出身のオーストリア大公兼ボヘミア王のマティアスであった。彼の兄弟で前任者のルドルフ2世の選挙と同様、市民はマティアスと対立候補の存在を機会としてとらえた。フランクフルト市民の目的は、皇帝により帝国自由都市に与えられた特権を議会が公表することを要求することであった。市民はまた、より多くの発言、より低い穀物価格、自由な穀物市場の確立、そしてユダヤ人とキリスト教の銀行家によって「不当に」引き上げられた金利を安くするように要求した。

「政治市民の抗議、社会不安、反ユダヤ主義は同時に起こった」と歴史家のハインツ・シリンクは書いている。

当初、新しい皇帝マティアスが仲介し、その交渉にフェットミルヒが組合の代表として参加した市民の契約に関する状況は緩和された。評議会は拡大され、財務状況に対する監査が行われた。都市は多額の借金を抱えており、ユダヤ人たちが「ユダヤ人の活動」を行った後に支払わなければならなかった「手数料」は公的予算に流れ込まず、一部の貴族が自分たちのポケットに収めていたのだった。暴動が発生し、評議会の解任を求めたが、皇帝はこれに反対した。これまでもそうであったように、経済の悪化、飢餓、疫病の蔓延が町を襲ったときには、大衆は犯人探しを行い、いつものようにユダヤ人をスケープゴートに仕立てあげるのだった。1614年8月22日、酔った暴徒(主に手工業者の団体)フェットミルヒに率いられ、通りを歩き回り、ユダヤ人通りを襲った。

約2,000人のユダヤ人が、フランクフルトで最大のコミュニティを形成していた。 ユダヤ人はゲットーにあった3つの門でわずかな時間、防衛していたが、その後はわずかな所持品だけを持って墓地に逃げるしかなかった。

その間、暴徒はあらゆる倉庫・金庫を物色し、貴重品を探し回った。 食器や洗濯物が盗まれ、約束手形が燃やされた。これは、ポグロムの経済的側面を示してる。 自警者が暴動を鎮圧に成功するまでに、暴動は13時間にわたって行われたと言われる。

フェットミルヒは恐怖に怯えたユダヤ人たちに、彼らを殺害することではなく、追放することが目的であると説明した。 1380人のユダヤ人市民はすぐに街を離れなければならず、ハーナウとヘーヒストに一時的に移り住むこととなった。 この事態に対して、これまでとは異なり、神聖ローマ皇帝マティアスはユダヤ人に対する皇帝の保護義務を真摯に受け止めた。 10月に彼はフェットミルヒとその首謀者を帝国追放処分とした。首謀者は裁判にかけられ、7人が死刑判決を下された。

彼らは1616年2月28日にロスマルクト(Rossmarkt)で最初に宣誓の手の2本の指を切断し、次に斬首によって処刑された。 フェットミルヒは八つ裂きにされた。 マイン川右岸にある橋塔の柱に、首謀者たちの頭が突き刺され、そのうちの1つが若いゲーテを怖がらせた。

皇帝は1617年にユダヤ人の保護に関する新しい命令を出し、ユダヤ人たちは神聖ローマ帝国の終わりまでその保護の下で生き残ることができたのだった。 ユダヤ人は毎年、《プリム・ヴィンツ》(Purim Vinz)という伝統的なユダヤ人の祭りのなかでこの救いを祝ったのだった。

参考:

welt.de, “Sie schlugen ihm die Schwurfinger ab, enthaupteten und vierteilten ihn”, 28.02.2022, Berthold Seewald, https://www.welt.de/geschichte/kopf-des-tages/article237199421/Fettmilch-Aufstand-in-Frankfurt-Sie-enthaupteten-und-vierteilten-ihn.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました