マイセン

マイセン

錬金術師と白い黄金

エルベ川沿いにあるザクセンの古都マイセン。この町を世界的に有名にしたのが「マイセン磁器」だ。この磁器の発明には、アルブレヒツ城に幽閉された、とある錬金術師の存在があった。「白い黄金」と呼ばれた磁器をマイセンで開発した男、ベドガーの物語り。
マイセン

アデルハイドと3人の皇帝

マイセン大聖堂(筆者撮影) エルベ河畔に建つマイセン大聖堂。この大聖堂は、アルブレヒト城、司教城などと共にこの町の丘に聳える建築アッセンブルのいち役を担っている。このゴシック様式の大聖堂の内部も外観に劣らず見所が多い。ニュルンベルク...
マイセン

マイセン大聖堂

マイセン大聖堂は、アレッツォの聖ヨハネスと聖ドナトゥスに捧げられており、二人の聖人の名前が付けられている。アレッツォの聖ドナトゥス(Donatus von Arezzo)は、Meissenの主教区の守護聖人であり、今日のDresden-M...
タイトルとURLをコピーしました