ヴィッテンベルク

ヴィッテンベルク

ルターハウス – ヴィッテンベルク

ルター ハウスは 1504 年にアウグスチノ修道院として建てられた。当時は、アウグスチノ修道士のローブの色から「黒い修道院」という名前で知られていた。マルティン ルターも 1508 年から修道士としてここで暮らしていたが、宗教改革の過程で...
ヴィッテンベルク

ルターが掲げた《95ヵ条の論題》| ヴィッテンベルクの城教会

ヴィッテンベルクの城教会。16世紀、マルティン・ルターはこの教会の扉に《95か条の論題》を張り出し、それにより教会批判は瞬く間にドイツ全土へと広がる。これに続く宗教改革はドイツを二分する論争を巻き起こし、やがて欧州中を巻き込む戦争にまで発展する。波乱の人生を送ったルターの物語。
タイトルとURLをコピーしました