世界遺産

ベルリン

謎多き美貌の王妃 ー エジプト女王ネフェルティティの胸像

ベルリンの「博物館の島」にある「新博物館」には、一神教を発明したアクエンアテンの妻、ネフェルティティの胸像がある。この王妃はなぜこれほどまでに人々の関心を集めるのか?そしてベルリンにやってきた理由は?謎多き美貌の王妃の秘密に迫る。
ケルン

悪魔と契約した男 | ケルン大聖堂

多くの観光客が訪れるケルン大聖堂。カトリック教会としては世界で最も高い大聖堂である。700年以上も前にこの大聖堂の建設を始めたゲアハルト・フォン・ライルには、悪魔と契約したという伝承が残っている。
ザンクト・ゴア―ルスハウゼン

ラインの精霊 ローレライ | ライン下りの名所

ザンクトゴア―ルスハウゼン近くの《ローレライ》では、その昔、夕暮れに美しく若い女性が目撃されることがあった。この女性は美しい声で歌い、その歌声を聞いた船人はかじ取りを誤り、ライン川に飲み込まれたのだった。伝承と観光地としてのローレライに迫る。
ヴュルツブルク

設計ミスと言われた宮殿 |ヴュルツブルク、レジデンツ

【ドイツ観光】バルタザール・ノイマンによるバロックの傑作 テアーター通りを進むと、ヴュルツブルクで一番の見どころ、レジデンツに到着する。 1719年から1744年に建築家バルタザール・ノイマンが、ヨハン・フィリップ・フランツと...
ヴュルツブルク

世界最大のフレスコ画 |ヴュルツブルクのレジデンツ

【ドイツ観光】ジョバンニ・バティスタ・ティエポロが描いた天井画 階段の間 世界遺産レジデンツの階段の間にあるフレスコ画は、ジョバンニ・バティスタ・ティエポロの作品で、フレスコ画としては世界最大だ。 ティエポロはル...
ゴスラー

騎士ラムが見つけた銀山|世界遺産ランメルスベルク鉱山

【ドイツ観光】ハルツ山地のゴスラーに伝わるオットー1世と騎士の話 その昔、ゴスラーには、ランメルスベルクという鉱山があり、豊富な銀が取れた。銀の発掘は、町を大きな発展に導いたため、伝説が語られるようになった。 ランメルスベルク...
タイトルとURLをコピーしました