フルダ

フルダ

ドイツ人の使徒 ボニファティウス

フルダ大聖堂。この場所に埋葬されているのが、イングランドから来たベネディクト会修道士のボニファティウスだ。ゲルマンの風習が色濃く残るドイツで、キリスト教を伝道した宣教師は、現地の言葉を用いて布教を行っていく。「ドイツ人の使徒」と呼ばれるボニファティウスの物語。
フルダ

魔女の塔

フルダは魔女狩りが行われたことでも有名だ。町には《魔女の塔》(Hexenturm)と呼ばれる14メートルの塔が存在する。この塔は12世紀に造られたことがわかっており、城門と北門の一部として存在していたという。フルダに残る12世紀の...
タイトルとURLをコピーしました