世界を変えたパレルモの皇帝

アーヘン

1215年、男はアーヘン大聖堂でローマ王に戴冠され、その場で聖地奪還のための十字軍を率いることを誓約した。神聖ローマ皇帝フリードリッヒ2世である。フリードリヒはライン河畔の町や、ヴォルムス、シュパイアーにしばらく滞在したあと、シチリア島のパレルモへと戻っていった。

フリードリヒ2世は、神聖ローマ皇帝ヘンリー6世の息子であり、バルバロッサの孫であった。同時代人たちは彼のことを《イムタトール・ムンディ》(immutator mundi)、「世界を変えた男」と呼んだ。フリードリヒ2世は後世に最も強い影響を与えたシュタウフェン家の皇帝であった。

フリードリヒ2世は、アドリア海沿岸に近いイタリア中部の小さな町、イエジ(Jesi)で1194年に生まれた。彼の母親のコンスタンツェは、マーケット広場にあるテントで彼を出産したと言われている。この時、コンスタンツェはすでに 40歳に達していたため、実の子供であるか当時から疑問符が付けられていた。この子の父親は普通の肉屋で、コンスタンツェがその子を夫のハインリッヒに押し付けただけだという噂がすぐに広まった。しかし、これらの噂の根拠もなかった。

フリードリヒ2世は、父親のヘンリー6世が亡くなったときまだ3歳だった。 1年後、フリードリヒ2世はすでに孤児であり、シチリアの王であった。その少年はパレルモのノルマン宮殿で育った。教皇インノケンティウス3世は、この将来の帝国皇帝の後見人を引き受けたのであった。

シチリア島は当時、文化のるつぼであった。ギリシャ人、アラブ人、ユダヤ人、ドイツ人がこの島で暮らしていた。フリードリヒはすぐに9つの言語を身に着けたと言われる。彼は様々な文化や考え方、宗教を知るようになっていった。 16歳の時、彼はドイツ諸侯によって神聖ローマ帝国の皇帝に選出された。フリードリッヒ2世は諸侯に広範な特権を与えることによってドイツの支配権を確保した。

しかし、帝国諸侯たちは非常に強くなり、フリードリッヒ2世は自身の考えに従って帝国を統治することはできなかった。彼はシチリア島へと引退した。 1220年、帰り道、フリードリヒ2世は教皇から皇帝に戴冠された。そこでフリードリッヒ2世は、北とシチリアの帝国を別々に統治することを約束した。


フリードリッヒ2世は南イタリアの田舎の王国を完全に変えた。彼は玉座をパレルモからプーリア北部のフォッジャ(Foggia)へと移動させた。この新しい首都から、イタリアのどこにでもすぐに行くことができた。彼はシチリアの貿易に対する支配を拡大し、よく組織された政権を築き上げた。

彼の第二の故郷であるメルフィ(Melfi)において、ホーエンシュタウフェンは有名な法制度であるメルフィ憲法を制定した。この法律はその後もシチリア島で600年間有効であった。彼の主題の一般的な道徳は高められることになっていた:姦淫、売春の斡旋、誘拐、自警行為および決闘は厳しい罰則の対象となった。フリードリッヒ2世が新しく作成した国家は、ヨーロッパ全体の手本とされた。

フリードリッヒ2世は学者として、そして同時代の最も教育を受けた統治者として名を馳せた。フリードリヒ2世は自然科学を扱うことで、常にシチリア-ノルマンの王位で培われてきたノルマンの伝統を引き継いだのだった。フリードリッヒ2世は「宇宙はどのように動いているのか?」または「魂は存在するのか?」というような疑問に興味をもっていたという。

フリードリヒは鷹狩りにも熱心だった。彼は動物の生活状況を注意深く研究し、900枚の詳細な鳥の絵が描かれた著作、《鳥と狩猟の芸術》(De arte venandi cum avibus)を記している。1246年頃に完成したこの鷹狩りに関する彼の作品は、観察科学の初期の傑作と見なされている。

彼の人生の最後の10年間で、彼は八角形のカステル・デル・モンテ(Castel del Monte)の建設に着手した。幾何学的図形がこれほど完全に実現された建築物は他にはない。

コスモポリタンなフリードリヒにとって、科学は宗教よりも重要であったが、彼の寛容は文化面に限られていた。イスラム教徒が飢餓により蜂起を起こしたときには、武力で弾圧し、生存者を国外追放に処している。 こと政治面については、非常に厳しく取り締まったこと伝えられている。フリードリッヒは幼少期からアラビア語に接し、ユダヤ人、イスラム教徒の学者と親交があったため、宗教面では寛大であり、この「異端」に対する皇帝の寛大な態度は、さらにローマ教皇を激怒させた。


フリードリヒ2世の治世は、教皇との対立によって繰り返し影を落とした。ローマ教皇は、北のドイツと南のシチリアに存在するホーエンシュタウフェンの領土に挟まれていると常に危機感を感じていた。他にも多くの論争があった。教皇は繰り返し皇帝フリードリヒ2世に十字軍として聖地に行くよう要請した。結局のところ、それは皇帝にとっての義務であった。

しかし、フリードリヒ2世は十字軍の開始を延期し続けた。さらに、南イタリアの相互の領土主張と法的な問題は、皇帝と教皇間の関係を緊張させた。最終的に衝突は深刻さを増した。教皇はシュタウフェン家の排斥に向けて動いた。フリードリヒが病気のために約束していた十字軍遠征を延期したとき、新教皇はフリードリヒ2世を破門したのだ。教皇インノケンティウス4世は、皇帝に後継者を選出するように求めたのだった。

1228年、フリードリヒはしぶしぶ十字軍を率いたが、今回の十字軍はこれまでとは全く様相の異なるスタイルであった。彼はスルタン、アルカミル(al-Kamil)との交渉による和解を通じてエルサレムを無血開城したのであった。フリードリヒ2世は、この偉業を達成した中世の唯一のキリスト教の支配者であった。彼の本当の敵はローマにいたのだった。

シュタウフェン家の皇帝は教皇との激しい戦いを主導した。それは生死にかかわる闘争であり、皇帝はこの世を去ることとなった。フリードリヒ2世は、おそらくチフスまたは敗血症により、1250年12月13日にルチェーラ近くのフィオレンティーノで亡くなった。彼の石棺は、パレルモ大聖堂にある両親のハインリッヒ6世とコンスタンツェの石棺の隣に置かれている。

参考:

planet-wissen.de, “Friedrich II.”, Sabine Kaufmann, 19.12.2019, https://www.planet-wissen.de/geschichte/mittelalter/die_staufer/pwiefriedrichii100.html

deutschlandfunk.de, “Friedrich II., der paradoxe Kaiser”,  Christian Berndt, 22.11.2020, https://www.deutschlandfunk.de/vor-800-jahren-gekroent-friedrich-ii-der-paradoxe-kaiser-100.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました