ヴェルフェン家唯一の皇帝

ブラウンシュヴァイク 

ヴラウンシュヴァイク大聖堂にあるこの像は、ハインリッヒ獅子王の息子、神聖ローマ皇帝となったオットー4世である。彼と一緒に、ヴェルフェン家の帝国の夢が実現した。オットー4世、ハインリヒ3世とイングランドから来たマティルダ妃の息子である。イングランドの叔父のリチャード獅子心王の宮廷で育ち、教育を受けたオットーは、フィリップ・フォン・シュヴァーベンの対立王に選ばれ、帝国の王冠を授けられた唯一のヴェルフェン家であった。何世代にもわたるヴェルフェン家とシュタウフェン家の闘争は、ドイツ中世の最もエキサイティングな物語の1つとなっている。

公爵の三男として、最初はあまり自身の将来に期待することができなかった。父の相続のほとんどは兄ハインリッヒが受け取ることとなった。オットーはわずかにハルデンスレーベン(Haldensleben)を受け取っただけであった。

しかし、ヴェルフェン家の末裔の人生は大きく変わることとなる。運命的な出来事は、バイエルン公とザクセン公を兼ねる彼の父、獅子王ことハインリヒ3世が、皇帝フリードリヒバルバロッサの寵愛を失ったときに始まった。ハインリッヒはすべての称号と領土を剥奪され、彼はイングランドの宮廷へと亡命した。

オットーは叔父のリチャード・ライオンハートのお気に入りの甥となった。プランタジネット朝の宮廷は、当時のヨーロッパで最も文化的に優れた宮廷の1つであった。オットーはそこで騎士としての教育を受け、とりわけミンネザングについて知るようになった。父親が家族と一緒にドイツに戻ったとき、オットーはイングランドに残り、親戚と一緒に暮らした。

子供のいなかったリチャード1世は、オットーにヨーク伯爵領を与えており、これは英国王位継承の準備として解釈されている。しかし、オットーは英国王となることはなかった。スコットランドのマルガータ王女(Margaretha von Schottland)との結婚計画も実現しなかった。その後、オットーは祖母から、アキテーヌ公国とも関係の深いポワトウ(Poitou)伯爵領を封土された。フランスでは、フランス国王フェリペ2世と叔父との紛争に参加し、成功を収めた。

オットーの人生の次のターニングポイントは1198年に起こる。ケルンのアドルフ大司教と少数の諸侯の扇動で、彼はリチャードライオンハートとケルンの商人の支援を受けて予期せずローマ王(ドイツ王)に選出された。しかし、数か月前には、シュタウフェン家のフィリップ・フォン・シュヴァーベンも大多数の諸侯によって王に選出される。対立王の擁立である。次の10年間、ヴェルフェン家とシュタウフェン家は帝国の権力をめぐって激しく争うこととなる。シュタウフェン家がついに勝ち、オットーの敗北は決まったように見えたが、事実上、皇帝となることが決まったフィリップは、バイエルン宮中伯、オットー8世・フォン・ヴィッテルスバッハ(Ottos von Wittelsbach)に暗殺されてしまう。

こうして、オットー4世はすべての諸侯に王として認められ、1209年には教皇インノケンティウス3世に認められた。そして、ついに神聖ローマ帝国の皇帝への戴冠を果たしたのだった。しかし、平和は長くは続かなかった。オットーはイタリア政策を重視し、あろうことか自身を皇帝に推してくれた教皇のお膝元であるシチリア両王国に攻め込んだのであった。恩を仇で返された形となった教皇インノケンティウス3世は、怒り心頭に発し、1211年にオットーを破門。ここから皇帝と教皇はますます対立を深めることとなる。

こうしてドイツ諸侯たちもオットーを見限り、オットーの廃位を決定。帝国の諸侯たちの抵抗は、1212年にオットーの対立王としてフィリップ・フォン・シュヴァーベンの甥であるホーエンシュタウフェン家のフリードリヒ2世の選挙へとつながった。帝国全土を巻き込む新たな権力闘争が始まったのだった。オットーが叔父とフランスの王との論争に介入したことと、1214年のブーヴィーヌの戦い(Schlacht von Bouvines)で手痛い敗北を喫したことは、彼の権力基盤を大きく揺さぶった。フリードリヒ2世がついに勝利を収め、シュタウフェン家の皇帝が誕生したのであった。

オットーは1215年にブラウンシュヴァイクに撤退し、1218年5月にハルツブルクで政治的に孤立してこの世を去った。彼は父親が建てた教会、聖ブラジイ大聖堂(St. Blasii)で安息の場所を見つけた。そこには彼の両親と彼の最初の妻ベアトリクス(Beatrix)の墓もある。

参考:

brauhnschweig.de, “Kaiser Otto IV.”, https://www.braunschweig.de/leben/stadtportraet/geschichte/welfengeschichte/kaiserotto.php

ndr.de, “Otto IV. – Einziger Welfe auf dem Kaiserthron”, Kathrin Weber, 09.11.2009, https://www.ndr.de/geschichte/chronologie/Otto-IV-Einziger-Welfe-auf-dem-Kaiserthron,kaiserkroenung100.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました