人物

アウグスブルク

最後の騎士 |マキシミリアン1世

【ドイツの歴史】アウグスブルクとハプスブルク家のマキシミリアン アウグスブルクの市庁舎前の通りは、北の大聖堂(Augsburger Dom)と南のウルリッヒ・アフラ教会を結んでいる市の目抜き通りだ。この通り沿いには、レストランやバー...
ヴュルツブルク

農民のために戦った騎士 | フロリアン・ガイエル

【ドイツの歴史】ドイツ農民戦争を戦ったガイエルの生涯 ヴュルツブルクから17キロ南に下ったところにギーベルシュタット(Giebelstadt)という村がある。16世紀、この村に農民のために戦った騎士がいた。名前をフロリアン・ガイエル...
ドレスデン

ドレスデンを創った王 |ザクセン選帝侯アウグスト2世

今日のドレスデンの町並みを築いたのは、ザクセン選帝侯であり、ポーランド王でもあったアウグスト強王である。建築のほかにも、美術品のコレクション、磁器の生産などに情熱を注いだ王であったが、女性についてもうわさの絶えることのない人物だった。
ハイデルベルク

ヴェルサイユからの手紙 | リーゼロット・フォン・デア・ファルツ

ライン河畔のハイデルベルク城は、フランスのルイ14世の軍隊に蹂躙され破壊された。この「プァルツ継承戦争」のきっかけとなった人物の一人が、リーゼロット・フォン・デア・ファルツだ。彼女は嫁ぎ先のフランスから3000通にも及ぶ手紙を書き続ける。
ベルリン

謎多き美貌の王妃 ー エジプト女王ネフェルティティの胸像

ベルリンの「博物館の島」にある「新博物館」には、一神教を発明したアクエンアテンの妻、ネフェルティティの胸像がある。この王妃はなぜこれほどまでに人々の関心を集めるのか?そしてベルリンにやってきた理由は?謎多き美貌の王妃の秘密に迫る。
リンブルク

世紀の大泥棒 シンダーハーネス

リンブルクに出没したドイツ版ロビンフッド《シンダーハーネス》。この男の正体は弱者の味方か、残虐な強盗か?強欲な貴族や高利貸しから金を奪ったかと思うと、貧しい人々にも分け与えた。その驚きの理由とは?
マールブルク

聖エリザベートとバラの奇跡|マールブルクの聖エリザベート教会

マールブルクに建つ聖エリザベート教会。聖エリザベートはその高貴な出にも関わらず貧しい人々に尽くし、死後列聖された。彼女には《バラの奇跡》と呼ばれる伝説が伝わる。何不自由ない生活を送っていた彼女がたどった数奇な運命とは?
リンブルク

市長になった強盗騎士 | フリードリッヒ・フォン・ハットシュタイン

リンブルクの広場に建てられた、樽を掲げた男の奇妙な銅像。この男の名は、フリードリッヒ・フォン・ハットシュタイン。高貴な生まれながら、強盗騎士に身をやどし、最後はリンブルクの市長になったのだが・・・その波乱の人生とは?
アンスバッハ

19世紀最大の謎 | カスパー・ハウザー

【ドイツの歴史】19世紀で最も有名な犯罪 ニュルンベルクから南西に約50㎞にアンスバッハという小さな町がある。フランケンへーエ自然公園があり、市内にはレジデンツ(王宮)や聖グンベルトゥス教会など見どころが多い。町の中心地に近いプラー...
ニュルンベルク

皇帝も認めた天才画家|アルブレヒト・デューラー

【ドイツの偉人】ルネッサンスに誕生したニュルンベルク出身の画家 ニュルンベルクを語るうえで欠かすことのできない人物が、アルブレヒト・デューラーだ。デューラーはニュルンベルク出身の画家・版画家で、北方ルネッサンスの巨匠と呼ばれる人物だ...
ノイス

ノイスの魔女 ‐ へスター・ヨナス

ノイスに残る魔女裁判の記録 ー ドイツ西部で行われた魔女狩り 【へスター・ヨナス】16世紀後半、ノイスにへスター・ヨナスという女性がいた。彼女は助産師であり、また漢方薬も扱っていた。製粉業者の男性と結婚し、幸せに暮らしていた。へスタ...
ヴュルツブルク

腕を折られた天才彫刻家 ー ティルマン・リーメンシュナイダー

ゴシック時代の最も重要な彫刻家、リーメンシュナイダーの数奇な運命 ティルマン・リーメンシュナイダーは中世ドイツの彫刻家であり、数々の名作を残している。同時代に活躍したファイト・シュトス、アダム・クラフトと並んで、ゴシック時代後期の最...
デュッセルドルフ

インマーマン通りの名前の由来 | カール・インマーマン

日本人街が広がるデュッセルドルフのメインストリート、インマーマン通りの名前の由来とは? デュッセルドルフの目抜き通り、インマーマン通り(Immermannstraße)。約600もの日系企業が多数活動するデュッセルドルフには、駐在員...
デュッセルドルフ

ハイネが生まれた町

クリスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine)は、1797年、デュッセルドルフに生まれている。ハイネの家は、ボルカー通り(Bolker strasse)53番にある。生家が今で...
デュッセルドルフ

シューマンとクララの恋の行方は?

シューマンは、1810年、5人兄弟の末子っとしてツヴィッカウ(Zwickau)で生まれている。シューマンは幼いころからハイネの詩に触れ、シューマンが17歳の時に一度だけミュンヘンでハイネと出会っている。 シューマンの歌曲の多くは18...
デュッセルドルフ

ベンラート城 | デュッセルドルフのロココ宮殿

【ドイツ観光】カール・テオドールが建設した夏の離宮 デュッセルドルフ中央駅から南に10キロほど下ったところに、ベンラートという地区がある。ヨハン・ヴィルヘルム亡きあと、選帝侯位を継いだカール・テオドールは、文化や学芸の振興に熱心であ...
ヴォルムス

聖マルティン伝説 |ヴォルムスの聖マルティン教会

【ドイツ観光】聖マルティヌスが従軍を拒否した場所 オーバーマルクトまで戻り、マルティンス・ガッセ(Martins Gasse)を進むと、聖マルティン教会(St. Martin)に出る。この教会のマルティンは、マルティン・ルターのマル...
ニュルンベルク

網で焼かれた聖人 | 聖ローレンティヌス

【ドイツ観光】ニュルンベルクの聖ロレンツ教会 【聖ロレンツ教会】ニュルンベルク中央駅から《ハンドヴェルカー・ホーフ》を抜けて旧市街に入り、一番最初に目にする教会が聖ロレンツ教会だ。この教会は13世紀から15世紀にかけて建築されたゴシ...
ヴュルツブルク

愛を詠った中世の詩人 ー ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルワイデ

「ヴァルトブルク城の歌合戦」でも有名なミンネゼンガー ノイミュンスター教会にはミンネゼンガー(吟遊詩人)として有名なヴァルター・フォン・デア・フォーゲルワイデの墓碑がある。ミンネ(愛)+ザング(歌)とは文字どおり愛をテーマにした歌で...
ヴュルツブルク

日本を追放された医師 |フランツ・シーボルト

【ドイツの偉人】日本にも馴染み深いシーボルトの出身地 ホーフ教会となりには広大なホーフ庭園が広がる。庭園の端には、日本人にとっても馴染みが深い人物の銅像がひっそりと建っている。像のモデルは、鳴滝塾で日本人にもおなじみのフランツ・シー...
タイトルとURLをコピーしました